shoei ryd

SHOEIのヘルメットをミラーシールド に替えてみた感想

ずっと憧れだったミラーシールド を着けてみました

shoei ryd
SHOEIのRYDにミラーシールド を付けました!

先日、僕が所有しているSHOEIのRYD(現在廃盤)のミラーシールド を購入しました。

早速付けて、ツーリングしてきたのですが、良い所と悪い所があって目的によって使い分けが必要かなと感じました。

まだミラーシールド を使って1回しか走っていませんが、ファーストインプレッションとしてミラーシールド を実際に使ってみて感じた事をお話ししようかと思います。

モトブログはこちら↓

ミラーシールド に交換してみようと思った理由

単純にカッコ良かったから

まず、そもそもなんでミラーシールド にしようと思ったかの話ですね。

単純に「カッコイイ!」と思ったからです。

他のモトブロガーさんの動画を見て、「いいなぁ・カッコイイなぁ」と憧れがあったので自分もミラーシールド にしたくなったのがまず一つ。

他人に顔を見られたくなかったから

次に他人に顔を見られたくなかったというのがあります。

僕はヘルメットにGoPro付けてモトブログを撮影しているので、たまに珍しい目で他の人から見られる事があって、正直恥ずかしいなと思う事がありました。

でもミラーシールド を使えば顔を見られる事がありません。

コンビニの駐車場で会社の人とか会いたくない人と出くわしても(実際に一度そういう事がありました)、相手から顔が見られなければ知らんぷりして立ち去る事も可能なわけです。

そういう自分のプライバシー保護の目的でもミラーシールド を使ってみたかったのです。

 

実際に使ってみて良かった点

ミラーシールド
モトブログの撮影用として使用するには、とても良いと思いました

実際にミラーシールド を使ってみてツーリングに出掛けたのですが、メリットとデメリットがあったので承知の上で使った方がいいかなと思います。

光を抑えて眩しさが軽減される

まず良かったのが、直射日光の光を和らげてくれて目に優しいという点ですね。

5月は昼の時間が長く、初夏の日差しが強烈ですが、ミラーシールド を使えばサングラスの様に光をある程度カットしてくれて眩しさが軽減されます。

朝の太陽が昇りかけた時間からバイクに乗っても、太陽が視界に入っても眩しくて走りにくいなんて事が無くなりました。

自撮りが出来るようなった

これは個人的な話になってしまうのですが、モトブログを撮影する時に今までは自分の顔が動画に映らないようにカメラワークを気を使っていました。

ミラーとかガラスに自分の顔が映り込んだら編集でモザイク掛けたりして、手間だったのですが、ミラーシールド なら自分の顔が映り込んでも気にしなくて済みます。

個人的に顔出しはしたくないので、動画作成時にうっかり自分の顔が映り込んでしまうという心配が無くなったのと、これからはカメラを自分の方に向けて自撮りしながらの動画も作れるようになって撮影の幅が広がりました。

 

若く見えるようになった

ミラーシールド を付けていると、ガラスとか鏡に映った時に中身のキモい自分の顔を見なくて済むので、若く見えるようなりますねw

ヘルメットを着けている間くらいカッコつけさせて欲しいので、これは嬉しい効果だと思います。

 

ヤエーが返ってき易くなる

これは不思議な現象なのですが、ミラーシールド にするとヤエー(ライダー同士の挨拶)が返ってくる確率が上がります。

おそらく顔が見えないから、お互いの視線を合わせ易くなるという恥ずかしがり屋が多い日本人には思わぬメリットが生まれるようです。

クリアシールドだと中の顔が見えてしまうので、すれ違うライダーの顔をジッと見るという事に抵抗感がありますが、ミラーシールド だと顔が見えないのでこちらも相手に視線を向け易くなります。

また相手も顔が見えない方がこちらに視線を向け易いのでしょう。

ミラーシールド を使用している時の方がヤエーが返ってくるように感じましたね。

ミラーシールド のデメリットは?

 

ここまで良いことづくめのように思えるミラーシールド ですが、使ってみるとデメリットもある事に気が付きます。

 

夜間やトンネルで視界が悪くなって危険

まずなんと言っても視界が暗くなってしまうので、夜間の走行には向きません。

街灯や明かりの多い都市部ならまだ大丈夫かも知れませんが、田舎など夜になるとほとんど真っ暗になるような道を走るには危険だと思います。

また昼間でも田舎の照明の少ないトンネルなんかは、路面の状況が見えにくくなって危険です。

なので、夜間に走行予定がある時はミラーシールド は使用しない方がいいでしょう。

 

綺麗な景色が色褪せる

ミラーシールド
ミラーシールド を付けると見える景色はこんな感じ

ツーリングの大きな楽しみのひとつに綺麗な景色を楽しむ事ああると思います。

美しい海や遠い山々の緑など自然の風景を眺めながらバイクで走ると感動するし心が癒されるものです。

しかし、ミラーシールド を使うと色眼鏡を掛けて世界を見るようなものですから、どうしても違和感が生じてしまいます。

せっかく風景の綺麗な道を走っていても、不自然な色のフィルターを通して見える景色では感動も色褪せてしまいます。

僕は風景を見ながらのんびり走るのが好きなので、これはちょっとなぁ・・・と思わずに入られませんでした。

広島県
ちなみにミラーシールド 無しだと、こんな風に見える

 

結論:目的で使い分ける

実際に使ってみた結論としては、ミラーシールド はモトブログの撮影に使うにはいいけど、自分がツーリングを楽しむには普通のクリアシールドの方がいいなと正直思いました。

ミラーシールド は自分自身を撮影する動画投稿者には良いアイテムですが、ツーリングを安全に快適に楽しむなら、やはりクリアシールドの方が良いです。

SHOEIのヘルメットだとシールドの交換はやり方さえ分かれば簡単なので、クリアシールドも一緒に持っていって、その時々の目的や状況で使い分ける、なんてやり方もありかも知れません。

ただ僕は荷物が増えるのが嫌いなので、それなら最初からクリアシールドを使いたいなぁと思ったのでした。

良かったらチャンネル登録をお願いします。
⇓ クリックして応援して頂けると大変嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング

“SHOEIのヘルメットをミラーシールド に替えてみた感想” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us