キャンプ初心者がモーラ・ナイフを使った感想

はじめてのアウトドア用ナイフ

モーラーナイフ

はじめてのナイフにモーラーナイフを選びました

キャンプをやり出して少し慣れてきた頃にモーラーナイフを購入しました。
目的はキャンプで料理を始めようと思ったことと、薪を割りたかったからです。
ナイフを買うのは初めてで、調べたところモーラーナイフが人気で使われていることを知りました。
みんなが使うなら間違いないだろうという安易な考えで買いました。
買って半年くらい使ってきたので、その感想を書いていこうと思います。

 

ナイフが有るとキャンプの楽しみが増える

モーラーナイフ

刃に肉厚があって、薪割りにも使えます。

ナイフを購入して早速次のキャンプに持っていって使いました。
主な使用方法は料理とバトニング(薪を割ること)です。
料理をすると言っても、ボクは大した料理は出来ないのでせいぜい野菜を切る程度の使い方です。
包丁と違って厚みがあるので、最初は慣れなくて変な感じがしました。
しかし切れ味は抜群で料理にも問題なく使うことが出来ましたね。

バトニングは薪を立てて縦方向に刃を入れます。
刃をある程度木に入れることができたら、他の薪を使ってナイフの柄を薪で叩いて刃を食い込ませていきます。
そのままカンカンと叩き続けて、薪を二つに割ることができます。
キャンプ場によっては、手に入る薪が太くて火起こしが上手くいかないことがあります。
そういう時に、薪を割って丁度良いサイズにするのにモーラーナイフがあると便利でした。

こまめに手入れが必要

 

ボクが買ったモーラーナイフは、素材がカーボンスチール製です。
使用後は洗って水分を拭き取って、室内で保管しています。
それでも、使用から日があくと錆びが出てきます。
当然、切れ味も悪くなってくるので定期的に手入れが必要です。
ボクはダイソーで100円の砥石を買ってきて、それを使ってナイフを研いでいます。
こういう手入れが面倒で、手入れが楽なものが良いならステンレススチール製のモーラーナイフが有ります。
切れ味はカーボン製のものより若干落ちるらしいですが、手入れが楽ならこちらも良いなと思います。

 

キャンプ初心者にオススメのナイフ

 

はじめてのナイフに定番商品とも言えるモーラーナイフを購入してみて良かったです。
値段も3,000円以下で買えるのでお手頃です。
ボクは手入れが面倒に思うタイプなので、ステンレス製の方を買えば良かったかなぁと思うこともあります。
でもナイフを研ぐ経験を積めたし、最初のナイフにこれを選んで満足しています。

良かったらチャンネル登録をお願いします。

⇓ クリックして応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

shinonomerider

YouTubeでモトブログをやっています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。初心者ライダーです。バイク・キャンプ・Mac・読書・投資が趣味です。どうぞよろしくお願いします。 「人間の一生は誠にわずかの事なり。 好いた事をして暮らすべきなり。 夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。」山本常朝著『葉隠』より

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us