断酒

断酒を決意した話

※この記事は2021/8/12 noteに投稿したものを転載したものです。

断酒でメンタルを改善したい

断酒
人生を変えたくて、断酒を決意しました。

きっかけはアップルウォッチの睡眠アプリ

Auto sleep
酒を飲んだ日は深い睡眠時間が0だった

このお盆休みに入ってから断酒を始めた。正確に言うと2021/8/8の日曜日に冷蔵庫に残っていた最後のビールを飲み干してからだから、まだ断酒して4日目だ。
僕は19歳の頃に大学の新歓コンパで酒の味を覚えて以来約25年間、習慣的にお酒を飲んできた。最初はビールの美味さがわからなかったけど、飲んでいるうちに美味しく感じるようになった。

酔っ払うと気持ちが良いことを知って、だんだんと家でも一人で飲むようになっていった。

社会人になってからも飲酒の習慣は続き、仕事のストレスや辛さを忘れるために酒が辞められなくなった。

酒を飲むと翌日の体調が悪くなる事には気がついていたので、飲むのは基本的に休日前夜だ。GWとかお盆とか正月とか、長期連休が有ると基本毎日飲まずにはいられなかった。
飲む量はビール500ml缶を3本くらいと、プラスαでチューハイ500ml缶を1本飲むとか梅酒や焼酎の熱燗を飲むとか、そんなくらいだ。
人から見たら、そんな程度なら断酒するほどでも無いと思うかもしれない。僕もこれくらいの飲酒はみんなやっている事だろうと何とも思っていなかった。
しかし、偶然あることをキッカケに酒を辞めようと思う出来事があった。

Auto Sleep
酒を飲まずに寝たら通常1〜2時間は深い睡眠時間がある

それは、アップルウォッチを購入してからAuto sleepという睡眠ログを記録するアプリを使用するようになった事だ。
このアプリ、アップルウォッチを着けて寝ると、自動で睡眠の記録を取り、毎日の睡眠時間や深さ、睡眠の質がどうだったかという記録をグラフにして分かりやすく見せてくれる。

それで気が付いたのだけど、週末酒を飲んで寝た日は深い睡眠が1分も無いことを知った。酒を飲むと睡眠が浅くなる事は知っていたけど、朝早く変な時間に目が覚めてしまうなぁってくらいにしか思っていなかった。
酔って眠くなって気絶する様に眠った直後は熟睡してると思っていたから、このアプリのおかげで酒を飲むと睡眠が思っていた以上に浅くなる事に気が付けた訳だ。

酒は脳を萎縮させる

ちなみに酒を飲まずに寝たら、普通は1〜2時間くらいは深い睡眠を取っている。睡眠は体の疲労回復や脳のメンテナンスの時間らしく、健康的に生きて日々の生活の質を上げるにはとても重要だ。酒を飲むと、その睡眠状態を悪くして日々の生活の質を下げてしまう。

酒を飲む人なら分かると思うが、酒を飲んだ翌日は体調が悪くなる。体は怠いし、気分も冴えない。睡眠がちゃんと取れていない訳だらか、そうなるのも当然だ。
あと、ネットで習慣的に酒を飲む人は脳が萎縮しているという記事を幾つも見た。誰でも歳を取っていくと脳が萎縮していくらしいが、飲酒をしない人に較べて、習慣的に酒を飲む人は脳の萎縮が大きいらしい。
これは自分でも心当たりが沢山ある。最近、物覚えが悪くなったし物忘れも酷い。人とのコミニュケーション能力が低くて、言葉が上手く出てこなくなったと感じる様になった。精神状態も悪く、常に鬱っぽいし自分に自信が無い。
酒を止める事で体調や精神状態が改善されたという話しをYouTubeで幾つか見た。実際に断酒した人の話を聞いて、自分も酒を辞めようと決断した訳だ。

酒を習慣的に飲むとお金を失い続ける

酒 税金
酒を飲むと酒税と消費税の二重で税金が取られる

酒を辞めようと思ったキッカケのもうひとつに、飲酒による出費が勿体無いと感じるようになった事もある。酒は一度飲んで気持ちよくなったから、暫くはもういいやとはならない。翌日も飲みたくなるし、だんだんと酒量も増えてくる。

僕はつまみが無いと酒が飲めない方なので、あれこれとつまみも買い込んでしまうので、通常よりも食費が増えてしまう。

さらに居酒屋とか外で酒を飲むと生ビール一杯でも500円とかする。場所代とか人件費が含まれているんだろうけど、正直ぼったくり価格じゃないかと思う。

たかが一杯のビールの為に今まで平気でそんな額を払っていた事が信じられない気分だ。

また、酒の価格には酒税が含まれている。350mlあたりビールだと70円、チューハイだと28円が税金だ。さらに消費税も上乗せされるので、酒を飲むと二重に税金を払っている事になる。

会社の給料明細を見る度に引かれる税金の多さを見て溜め息が出る。苦労して稼いだ給料から、なんでこんなに引かれるんだと。それが、酒を飲む事で自分から追加で税金を払っていた訳だ。

お酒を習慣的に飲むという事は、これからもずっとそういう出費が続いていく。僕も酒を辞めようと決断していなかったら、死ぬまで飲酒は続けていた事だろう。死ぬまでお酒の為に余分に金を稼ぎ続けないといけない羽目になる。

酒を飲むと時間も失う

二日酔い
今まで酒のおかげで随分と時間を無駄にしてきた

これに加えて酒を飲むと時間まで失ってしまう。大抵の人は1日の終わりに酒を飲む事だろう。酒を飲み始めると、もうその日は何かやろうという気になれない。

僕は会社員の仕事の傍ら、YouTubeやブログなどの副業活動をしているが、平日は仕事が終わってから寝るまでの空いた時間にコツコツと作業をしている。それが酒を飲んでしまうと、もうそういう気分になれない。また明日でいいやとなってしまう。

酒を飲むと翌日の体調や精神状態も悪くなってしまうので、次の日の活動にも影響が出る。やる気・集中力・創造性などが低下してしまうので、副業の活動も進まないし出来てもクオリティが下がってしまう。

また、会社員をやっていると職場の飲み会に付き合いで参加しないといけない事がある。本当は行きたくなくても、断りづらくて参加していた。今は例のウイルスの影響で飲み会が無くなっているが、あの飲み会の時間は本当に無駄だった。ただ愚痴りあって、傷の舐め合いをしているだけで、早く終らないかなと何度も腕時計を見ていたものだ。

あんな飲み会に参加するくらいなら、家でブログ書いたり動画の編集をしていた方がずっとマシだ。

酒はドラッグ

日本に住んでいると何処へ行っても簡単に酒は手に入る。酒は依存性が強くて、一度飲むと習慣的に飲み続けてしまいがちだ。

酒は麻薬みたいなもんで、依存させて金を搾取し続けるためのドラッグだと思う。タバコとかパチンコとかスマホゲームのガチャとか、依存させる事で労働者から小銭を巻き上げ続ける仕組みが世の中には色々とある。

僕はもうそんな事に貴重なお金と時間を失いたくないし、健康状態も良くしたい。お酒は今でも好きだし飲みたいなと思う事もあるけど、なんとか断酒を続けて、これからは酒を飲まない人生を送りたいと思ってる。

良かったらチャンネル登録をお願いします。

コメントは承認制なので表示に時間が掛かります。
⇓ クリックして応援して頂けると大変嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us