新型グロム

大型バイクから原付二種に乗り換えた感想

原付二種に乗り換えて満足しています

新型グロム
大型バイクから原付二種に乗り換えて満足してます

以前乗っていたトライアンフのストリートトリプル から2021年モデルのホンダグロム (JC92)に乗り換えました。

大型バイクから原付二種へのダウンサイジングの乗り換えになります。

いろいろと思う事があって大型バイクを降りる事を決めたのですが、次に乗るバイクは気楽に乗れて維持費が掛からないバイクがいいなと思っていました。

原付二種バイクの中から、丁度モデルチェンジのタイミングだったグロム を選んだのですが、実際に納車されて乗ってみてとても満足しています。

大型バイクから原付二種への乗り換えは、後で後悔するんじゃないかと不安な気持ちも有りました。

実際にグロム が納車されて乗ってみると、不安だった事も関係無く楽しい気持ちの方が大きかったのでした。

モトブログはこちら↓

 

原付二種に乗り換えて良かった点

 

大は小を兼ねるという言葉が有りますが、バイクに関してはこの言葉は当てはまらないと思います。

それぞれの良さとデメリットがあり、原付二種には大型バイクには無い良さとデメリットがありました。

自分が感じたメリットとデメリットを挙げていこうかと思います。

気楽にバイクに乗れるようになった

原付二種に乗り換えて一番良かった点は、バイクに乗りたくなったら気楽に乗れるようになったという事ですね。

大型バイクに乗っていた頃は盗難やイタズラが心配で、コンテナを借りて大事に保管していたので、乗り出すまでが本当に面倒でした。

バイクに乗るまでにコンテナまでの移動に時間やお金が掛かっていたのです。

今は住んでいる所の駐輪場にカバーを掛けて、地球ロックをしているだけなので乗りたくなったら簡単に乗り出せるようになりました。

大型バイクを所有していた頃はバイクの乗るのが面倒だなと感じて乗らなくなってしまう事もあったので、今の方がずっとバイクとの距離が近づいたように感じます。

立ちゴケの心配がほぼ無くなった

立ちゴケtweet
バイク乗りにとって立ちゴケはつきもの

グロム に乗り換えて、足付きが格段に良くなりました。

今まで信号待ちで、右足でブレーキ踏んで左足を地面に下ろしていたので、バランスを崩さないように気を使いながら信号待ちをしていました。

グロム なら両足がべったり地面に着くので安心感が段違いです。

Uターンも簡単になったので、通り過ぎた道に気になる物があれば、軽い気持ちでUターンして寄り道が出来るようになりました。

大型バイクに乗っていた時は、立ちゴケしないように慎重にする必要があったので、広くて平らな場所を探してからUターンしていました。

結局、ツーリング中に気になる場所を見つけて通り過ぎてしまっても、Uターンするのも面倒だからまぁいいかとなる事が多かったです。

原付二種に乗り換えて、小回りや機動性が上がって気楽にUターンして寄り道できる機会が増えました。

 

維持費が安くなった

貯金
維持費が安くなって経済的に楽になりました

大型バイクで一番経済的負担だったのが、保管のためにコンテナを借りていた事でした。

月に¥12,750払っていたので、年間で¥153,000が保管のコストとして掛かっていた訳です。

今は住んでいる所の駐輪場に、バイクカバーと地球ロックだけで保管しています。

バイクカバーは¥2,500ほど、地球ロックも¥2,500ほどだったので、合わせて¥5,000程度しか保管のコストは掛かっていません。

また、保険料が月に¥4,200円払っていたのですが、今はファミリーバイク特約と弁護士特約を自動車の保険に追加した分が¥1,200程度です。

保険料も毎月¥3,000、年間で¥36,000のコストダウンになりました。

保管料と保険代だけで年間¥189,000の維持費が浮いた計算になります。

原付二種のデメリットは?

 

ここまで良いことばかり書いて来ましたが、当然原付二種ならではのデメリットもあります。

この記事を読んでいる方で、もし原付二種への乗り換えを検討している方がいれば、デメリットも承知の上での買い替えをお勧めします。

高速道路と自動車専用道路が走れない

 

普通サイズのバイクから乗り換えると、この2点はやはり不便に感じます。

特に日帰りで長距離のツーリングをしたい時に、高速道路や自動車専用道路で距離を稼ぐ事が出来なくなるので、ツーリングの範囲はどうしても狭くなってしまいがちです。

遠くに来て「帰りの時間が遅くなりそうだから、高速道路で一気に帰ってしまおう」なんて事が出来なくなりました。

その辺はツーリングに朝早く出発するとか、余裕を持った計画で行動するとかしてカバーするしかないかなと思っています。

 

車に舐められる・強引に抜かされる

煽り運転
煽ってくる車が来たら、さっさと道を譲りましょう

これは原付二種に乗り換えて感じる事ですが、原付二種は車体も小さくパワーも非力なので、ペースの早い車が煽ってきたり、強引に抜いてこようとしてくる事がたまにあります。

大型バイクに乗っていた頃は、逆に車の方が道を譲ってくれる事があったくらいなので、完全に立場が逆になってしまいました。

これは仕方がないと諦めているので、後ろにペースが早い車が来たらさっさと脇に避けて道を譲るようにしています。

その方が安全だし、こちらとしても後ろを気にせず安心して走れます。

 

総合的に原付二種に乗り換えて満足

周防大島ツーリング
狭い道を行った先で思わぬ良い風景と出会えるのも原付二種の良さ

まだ慣らし運転中で、そこまで距離は走っていませんが、今の所は大型バイクから原付二種に乗り換えて満足しています。

非力さを覚悟していましたが、新型グロム は思ったよりもトルクがあって乗り易く、峠でもそこまで非力さを感じていません。

原付二種に乗り換えて、バイクがより身近に気楽に乗れるようになって、初心者の頃に戻ったような楽しさを思い出す事が出来ました。

もっと早く原付二種に乗っていれば良かったなと思うくらいです。

まだまだ乗り始めたばかりなので、ある程度の距離を走って感じた事があれば改めて報告しようと思います。

良かったらチャンネル登録をお願いします。
⇓ クリックして応援して頂けると大変嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us