燃え尽きました

YouTubeの活動で燃え尽き症候群になった話

動画投稿を続ける事に疲れ果てました

燃え尽きました
YouTubeの動画投稿活動に燃え尽きました

僕が動画投稿を始めたのは2019年3月からです。

初めての自分のバイクを購入して、ノンアルコールライダーさんに影響されてモトブログの動画をYouTubeに投稿したのが最初でした。

それ以来YouTubeでの成功を夢見て、ほぼ週に1本のペースで動画投稿を続けてきました。

そんな僕のYouTube活動も、もうじき2年が経とうとしています。

平日は普通のサラリーマンとして働きながら、夜や休日の自由時間を使ってコツコツと動画投稿を続けてきたので本当に疲れました。

丁度、大型バイクを降りて次のバイクの納車まで時間が空きそうなので、その間は動画投稿するのは止めて、少し動画投稿を休むつもりです。

燃え尽き症候群はYouTuberに付き物

今は動画投稿をする気になれなくて、他のYouTubeで動画投稿をしている人たちは疲れたりしないのだろうか?とネットで調べた事があります。

Googleで検索すると一番最初に出てくるのが、YouTube Creater Academyの「健康を保ち、燃え尽き症候群を防ぐ」という動画でした。

ちゃんとYouTube側がクリエイターの燃え尽き症候群のケアを考えてくれているのですね。

たぶん、同じように動画投稿に疲れてやる気を失ってしまう人が他にもいるんだろうなと思いました。

YouTubeで動画投稿をしている方なら分かると思うのですが、動画投稿を休むとチャンネル登録者が減ってしまうんじゃないか?とか、チャンネルの動画再生数がガクンと落ち込んでしまうのではないか?という不安が付きまといます。

今まで頑張ってきた努力が全て無駄になるんじゃないかという恐怖があるのですね。

僕の場合、ネタが尽きてやる気が湧かない時でも、どうにか無理やり捻りだして動画を作って投稿したりしていましたが、当然そんな動画は再生回数は伸びません。

動画の撮影や編集の手間を考えたら、無駄な時間を浪費してしまうだけです。

そういう痛い経験を何回かしているうちに、無理してクオリティの低い動画を作るくらいなら、作らない方がマシだという考えに至りました。

クオリティの高い動画を毎週コンスタントに出し続けるという事は、本当に大変です。

こんな記事も見かけました。

人気ユーチューバに広がる燃え尽き症候群↓

 

これからはマイペースで楽しんでやりたい

亀
ウサギとカメの童話じゃないけど、これからはマイペースでやってきます。

僕がYouTubeに動画投稿を始めた頃は、インフルエンサーと呼ばれる人気ユーチューバーの方から「YouTubeで成功したいなら毎日投稿しろ」とか「とりあえず100本、動画を作れ」なんて言葉をよく見かけました。

動画投稿を始めて1年目は何が何でも成功したいという熱い気持ちがあったので、そういうアドバイスを胸に頑張って毎週投稿をしていたものです。

もう今は目標だった収益化を達成できたので、一息つきたい気持ちです。

調べたのですが、一度収益化を達成できれば、仮にチャンネル登録者が1,000人を割り込んでも収益化が剥奪されるなんてことはありません。

収益化が剥奪されるとしたら、YouTubeの規約違反になるような行為をした時と、6ヶ月以上動画投稿もコミュニティへの投稿も無かった場合、「YouTubeは独自の裁量により、条件を下回ったチャンネルの収益の資格を取り消す権利を有します。」とYoutubeのヘルプに書いてありますね。

youtubeヘルプ
収益化条件を下回っても、収益化の権利は取り消されません。

僕のチャンネルの収益など微々たるものですが、趣味で楽しむついでの気持ちで動画投稿するくらいの方が自分には丁度いいかなと思います。

仕事みたいに、メンタル削ってまでやってると続かないなと身に沁みて感じました。

というわけで、次のバイクが納車されるまではしばし動画投稿を休んでゆっくりするつもりです。

良かったらチャンネル登録をお願いします。

⇓ クリックして応援して頂けると大変嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us