SHOEIのRYDを購入しました

憧れのSHOEIのヘルメットを購入

SHOEI RYD

憧れのSHOEIのヘルメットを買いました

もう数ヶ月前の話になるのですが、SHOEIのRYDというフルフェイスのヘルメットを購入しました。

ボクはケチなので、今まで2りんかんのオリジナルヘルメット(MotorHead)を使用していました。

たしか購入当時、1万円程度だった覚えがあります。

このヘルメットコスパが良くて、特に不満もありませんでしたが、1年以上使ってきて疵や内部のへたりが少し気になってきました。

デザインもあまりカッコいいとは言えず、傍から見て貧乏くさく見えるかもなと気になっていたのです。

買い替えを考えた時に、折角だからケチらずに良い物を買おうと思い、以前から憧れだったSHOEIのヘルメットを探しに行ったのでした。



SHOEIのフルフェイスのヘルメットが欲しかった

近くの2りんかんに行って、ヘルメットコーナーをブラブラと見て廻りました。

バイク用のヘルメットだとSHOEIとAraiが2大メーカーかと思います。

OGK-KABUTOとかAGVとか他にも色々なヘルメットブランドはありますが、デザイン的に一番心惹かれるのがSHOEIだったので、最初からSHOEI一択でヘルメットを探しました。

求める条件としては、こんな感じです。

  • フルフェイスであること
  • 価格が5万円以下のもの

パっと見てZ-7とRYDが良さそうだなと思いました。

価格を比較するとがZ-7が45,000円くらいで、RYDが38,000円くらいです。

細かな性能を比較するとZ-7の方が良いのでしょうけど、ボクは特にこだわりは無いので、単純に安いRYDの方を選んだのでした。

お店の在庫を調べて貰って、色はマットブラックを選んだのでした。

家に持ち帰ってみて、そのスタイリッシュなデザインのヘルメットに惚れ惚れとしましたね。



RYDを実際に使ってみた感想

SHOEI RYD

フィット感、静寂性など、安物のヘルメットと全然違って感激

実際にヘルメットを被ってみると、しっかりと頭にフィットする感じです。

頬の部分が少し圧迫されていますが、不快な感じではありません。

むしろ、しっかりとしたホールド感があって安心感があります。

寒い日の朝にバイクで走ったのですが、息でシールドが曇ることもありません。

標準でシールドの曇りを防ぐPINLOCK®EVO lensという曇り抑制シートが付いているそうです。

そのクリアな視界に感激しましたね。

 

ヘルメットの寿命について

 

一般的に言われているのが、ヘルメットの寿命は3年で、それを過ぎた物は買い替えを推奨とよく聞きます。

どこから、この3年という期限が来ているのかというとSGマークが定めている保証期間が3年で、それ以内に製品の欠陥で事故やケガがあった場合に賠償措置が行われるという制度があるそうです。

その有効期限が購入後3年らしく、それを理由に3年での買い替えを推奨しているようです。

でも、ヘルメットは高いし出来れば買い替えの頻度は減らしたいですよね。

海外メーカーなどは使用期間を5年以内にしているケースが多く、SHOEIやAraiも海外では5年以内に交換を推奨しているとのこと。

だから単純にヘルメットの性能面だけを考えれば5年くらいは使っても大丈夫なんじゃないかなぁと個人的には思います。

ボクもこのRYDのヘルメットはとても気に入ったので、大事に扱って5年くらいは使いたいですね。

良かったらチャンネル登録をお願いします。

⇓ クリックして応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

shinonomerider

YouTubeでモトブログをやっています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。初心者ライダーです。バイク・キャンプ・Mac・読書・投資が趣味です。どうぞよろしくお願いします。 「人間の一生は誠にわずかの事なり。 好いた事をして暮らすべきなり。 夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。」山本常朝著『葉隠』より

おすすめ

2件のフィードバック

  1. 2021年1月3日

    […] SHOEIのRYDを購入しました […]

  2. 2021年1月7日

    […] SHOEIのRYDを購入しました […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us