恐怖の名阪国道

全国死亡率1位の自動車専用道路

便利だけど、走るのは怖い名阪国道

三重から奈良に抜ける便利で無料な自動車専用道路で”名阪国道”があります。
両端が高速道路と接続しているので、名古屋方面から関西方面に抜けるのに使われることが多い道です。
ただし、この自動車専用道路は死亡事故率が全国ワースト1と問題が多い道でもあります。
以前、伊賀方面にツーリングに行った時に名阪国道を初めて利用したのですが、初心者ライダーの自分には恐怖の道でした。
どういう理由があって名阪国道が怖い道路なのか、お話しようと思います。

流れが速く交通量(大型トラック)が多い

名阪国道自体は三重と奈良の山間部を走る自動車専用道路にすぎませんが、その両端が東名阪道と西名阪道と繋がっているのが特徴です。
無料で利用できるので、名阪国道を通って移動コストを抑えようと多くの車・トラックが通行します。
高速道路から高速道路への接続として利用する人が多いとなれば、交通の流れも早くなりがちです。
ボクが走った時も左車線でも常時90㎞くらいのスピードで流れていました。
ちなみに名阪国道は自動車専用道路なので制限速度は60kmです。
(一部制限速度70kmの区間も有り)
大型トラックが飛ばして走っていることもあり、初心者ライダーの自分が250ccのバイクで走行するのは恐怖でした。

カーブや勾配が多く舗装状態が悪い箇所がある

高速道路じゃないのに、高速のように走る人が多いのですが名阪国道は道路の規格が高速道路の基準で作られているわけではありません。
カーブや勾配が多く、トンネルを抜けたらすぐカーブなんて所もあります。

道の殆どは綺麗に舗装されているのですが、場所によっては舗装状態が悪い箇所もあります。

無料の道路なので、メンテナンスの状態がそれほど良くない箇所があるのです。

バイクで走っていると道路の凸凹した箇所があって怖かったですね。

事故が多くて有名なΩ(オメガ)カーブ

字のごとくΩの形のカーブが名阪国道には存在します。

勾配がきつくなる箇所を迂回するために、このような形に道路が作られたとのことです。

見ての通りカーブのキツさと勾配が大きいこともあって、名阪国道の中でも死亡事故の発生が最も起きやすい場所になっています。

関西ライダーのメッカ針テラスもある

名阪国道には大きな道の駅”針テラス”があります。

交通の要所で関西方面のライダーが休日に集結するらしいです。

ボクはまだ行った事がありません。σ(^_^;)

バイク用品メーカー”クシタニ”のカフェもありますよ。

※2021/1/22追記

先日、車ですが針テラスの隣のファミリーマートに立ち寄る機会が有りました。

この日は正月の帰省の帰りだったのですが、やっぱり色んな種類のバイクが集まっていましたね。

バイク楽しそうだなぁと、車の運転席から眺めていました。

初心者ライダーにはオススメしない

ボクも一度走りましたが、初心者でバイクに慣れていない方にはオススメできない道です。

長い勾配にキツいカーブ、交通量が多くトラックも多いとあって緊張しっぱなしになります。

おまけに飛ばしている人が多いです。

慣れないうちに一人で走る事はあまりお勧めできません。

ボクみたいに走るつもりじゃなかったのに、迷い込んでしまわないように気をつけてくださいw。

 

良かったらチャンネル登録をお願いします。

⇓ クリックして応援して頂けると大変嬉しいです ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us