もしパワハラをされたら

Twitterで拡散されるパワハラ

パワハラは大きな企業でも普通に存在する

今朝Twitterのタイムラインをチェックしていたら、ヤマト運輸の社員がパワハラで暴力行為を働いている場面を撮影した動画が拡散されていました。
仕事でその人に何か不満やストレスがあったのでしょう。
上司らしき人物が部下(後輩?)の人を怒鳴りつけて、蹴りを入れている動画でした。
その人は相当イライラしているらしく、近くのものに当たっては何か大声で怒声を上げています。
怒られている側の人は何もできなくて、ただ直立不動でされるがままになっていました。

 

自分の会社でも同じようなことがあった。

 

ボクも以前働いていた職場で、全く同じようなことがありました。
職場のリーダー格の人が、仕事が遅くてコミュ力の低い人をみんなが見ている前で蹴っていたのです。
蹴られた人は泣いていました。
何があったのかはボクは知りません。
仕事か話し方で何か気に食わないことでもあったのでしょう。
でも、見ていて本当に嫌な気分になったし次は自分が同じことをされるんじゃないかと思って怖くなりました。

パワハラにあったら何より相談を

 

パワハラにもしあったら、絶対に一人で悩まないで信頼できる人に相談をしましょう。
職場の直属の上司からパワハラを受けているのであれば、その人のさらに上の役職の方に相談をしましょう。
もちろん相談をする相手は選ぶ必要はあります。
こちらの話に口を挟んだり否定してくるような人を選んではいけません。
なにも言わずに話を聞いてくれる人を選んで相談してください。

 

異動願いを提出する

 

会社によってやり方が違うと思いますが、職場の異動願いを出しましょう。
上司が原因なら人事部や他の上司などの第三者に相談してみてください。
希望が通る保障はありませんが、ダメ元でやってみましょう。

 

何があったかを記録しておく

 

パワハラが執拗で継続的に行われているなら、記録を残して文書化しておきましょう。
人事部に相談する時や法的に訴えを起こしたい時の証拠になります。
可能なら画像や音声で記録を残しておくとさらに強力な証拠になります。
以下は記録して残しておきましょう。
・いつ
・どこで
・誰が
・何があったか
・どんなことを言われたのか

また、人事や上司に相談したのならその内容も文書として記録しておくと証拠として役立つと思います。

 

会社を辞めたくなったら

 

まずは人事部に異動願いを出してみたり、精神的に参っているなら心療内科で診断書を書いてもらって休職しましょう。

パワハラの加害者から物理的に距離を置く事が大事です。

会社を辞める前にやれることをやってみましょう。

部署が変われば職場の雰囲気や人間関係が全然違うこともあります。

辞めるにしても転職先を見つけてからの方がオススメです。

ボクもパワハラしてくる人間には、本当に苦しめられました。

サラリーマンやっていると人を蹴ったり殴ったり・言葉の暴力で平気で傷つける頭のおかしい人がたまに居るので、一人で悩まないで相談して欲しいなと思います。

良かったらチャンネル登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us