香港・マカオ旅行の思い出 その4

香港から日本へ帰国

香港で思ったこと

いよいよ4日目、日本に帰ることになりました。帰りは現地のガイドさんも居なくて、自分で全て手続きをして飛行機に搭乗します。

香港国際空港に向かう前に少し香港の街を散歩しました。

今はわかりませんが、当時の香港は本当にビルとアスファルトに囲まれていて道路に街路樹が無いのが意外でした。

日本だと、どんな街に行こうと道には樹が植えてあります。そのせいかどうかは知りませんが、香港の街は独特の匂いが漂っていました。あまり良い匂いではありません。

道路では車が優先なので歩行者は車が通り過ぎるのを確認してから道を渡ります。日本みたいに車が止まってくれないので、ぼんやり渡ろうとすると危険です。

そして、チップの習慣があったので毎朝ホテルを出るときにベッド脇の机に5香港ドル置いて出かけていました。掃除をしてくれる人へのお礼の気持ちです。

エレベーターでたまたま乗り合わせたおばちゃんも見知らぬ自分に挨拶してくれました。

外国人はフレンドリーだなぁ。日本人の自分は知らない人だと知らんぷりして通り過ぎてしまいます。

 

帰りの空路

香港国際空港でチェックインの手続きをします。慣れてしまえば、英語が出来なくても特に難しいことはありませんでした。

列に並んでいると前にアメリカ人らしき太った母娘が居て、香港ディズニーランドの袋をぶら下げていました。

女がディズニーランドを好きなのはどこでも一緒なんだなと妙に納得した覚えがあります。アメリカにだってディズニーランドあるでしょうに。

並んでいる間に人々を観察していると、それぞれの国で色や表紙のデザインが違うことに気が付きました。「へー、みんな違うんだなぁ」と思わぬ発見です。

飛行機に乗り込んでからは、疲れていたので寝てました。旅の帰りは疲れますね。

 

日本に帰って来て驚いたこと

たった3泊4日の旅でしたが、はじめて海外に行って日本に帰ってきたら日本の見慣れた風景がとても新鮮に感じました。

何より驚いたのが街の至る所にコンビニがあることです。コンビニに行けば食料・お酒・日用品・雑誌なんかが買えて、おまけに各種料金の払込やチケットの発券、荷物の受け取り発送まで出来ます。

こんな便利なものが街の至る所にあるなんて!

当時の香港にもコンビニが無かったわけでは無いですが、駅のキオスクみたいな食料と新聞を置いてある程度の感じで日本のコンビニとは比較になりませんでした。

そして道路沿いに街路樹が植えてあって緑が美しい!そして街が清潔で嫌な匂いがしないことも驚きです。

日本てこんなに便利で綺麗な国だったんだなと、外国に一度でてはじめて日本の良さを発見したのでした。



shinonomerider

YouTubeでモトブログをやっています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。初心者ライダーです。バイク・キャンプ・Mac・読書・投資が趣味です。どうぞよろしくお願いします。 「人間の一生は誠にわずかの事なり。 好いた事をして暮らすべきなり。 夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。」山本常朝著『葉隠』より

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us