香港・マカオ旅行の思い出 その1

はじめての海外旅行

沢木耕太郎の深夜特急に憧れて

ボクは20代の終わり頃に、はじめて海外旅行に行きました。

行き先は香港とマカオです。香港とマカオを選んだのには理由があります。

学生時代、沢木耕太郎さんの「深夜特急」という旅行記を愛読していました。そこの最初のお話の舞台が香港とマカオだったのです。

「死ぬまでに香港に行ってみたい。」

まだ若くて好奇心や行動力があったし、一度海外旅行を経験してみたいという気持ちも有りました。

ボクは旅行代理店に行って、一人旅のフリープランの3泊4日香港ツアーを申し込んだのでした。確か当時の価格で5〜6万円程度だった気がします。

 

はじめての国際線

いよいよ出発当日、セントレアに名鉄の特急に乗って向かいました。パスポートは事前に準備済みです。前日に何回も忘れ物が無いか確認をしました。

国際線の飛行機に乗るのは当然はじめてです。余裕を持って、2時間くらい前には到着したような覚えがあります。

セントレアに着いていよいよ搭乗手続きをしていきました。

キャセイパシフィック航空のカウンターでチェックインして、保安検査を受けて、出国審査を行います。

国際線の搭乗ゲートに向かう途中にいろんな免税店が立ち並んでいることに驚きました。

シャネル・エルメス・ブルガリ・ティファニーなどなど、高級ブランドショップがずらりと並んでいました。

「セントレアの中にこんな場所があったのか!」

国内線の飛行機しか乗ったことが無かった自分には驚きの世界です。

 

思った以上に英語が話せなかった

 

そして自分が乗る飛行機の時間が来ていよいよキャセイパシフィック航空の飛行機に乗り込みました。キャセイパシフィック航空は香港のエアラインです。

中に入るとステュワーディスが当然外国の女性です。話す言葉は英語だし、日本語の雑誌や新聞も置いてありません。まだ日本の中でしたが、飛行機の中は既に国外のような雰囲気でした。

「英語とか話せんし、何を言っとるのかサッパリわからん・・・」

はじめての海外旅行なのに、一人で来てしまったことをジワジワと後悔しはじめていました。

学校で10年間は英語を勉強してきたはずなのに、実際に自分が日本を出ると何の役にも立っていないことに愕然としたのでした。

 

 

香港国際空港に到着

 

飛行機の中はとにかく退屈でした。日本から香港まで確か4時間程のフライトだったと思います。

座席のモニターで映画が観れましたが、殆どの映画が英語で日本語字幕などありません。

一つだけ邦画が流れているチャンネルを見つけました。田舎を舞台にした高校生の野球部の話です。それしか観るものが無かったので、頑張って観たのですが退屈な作品で30分程度で観るのをやめました。

持ってきた本を読む気にもなれず、ウトウトしたりGPSで現在どこらへんを飛んでいるか表示されている画面を見たりして、どうにか4時間のフライトを乗り切ったのでした。

 

香港国際空港はとても大きな空港でした。

降りた所から入国手続きの窓口まで”シャトル”と呼ばれる地下鉄のようなものが動いています。ボクは最初わけもわからなかったので、「この地下鉄に乗るとどこへ行ってしまうんだろう」と不安になりました。

何とか片言の英語と身振り手振りで、掃除をしていたおばちゃんに聞いて入国審査の窓口までたどり着き、無事に香港入国を果たしました。

荷物を受け取ってロビーに出ると、旅行会社が手配してれた地元のツアーガイドのおじさんに声を掛けられました。

同じフリーのツアーに申し込んだ他の人たちもいましたが、一緒に行動するのは最初のホテルに向かう時までです。

ボクは案内されたまま、ツアーバスに乗り込んで最初のホテルに向かいました。その時はもう日が暮れていて外はすっかり夜になっていたのでした。

 

香港のホテルで働く日本人女性との出会い

 

バスは夜の香港の街を走って行きました。日本と違い香港は地震が無いので、超高層ビルがそこら中に建っています。

「スゲェ!東京の新宿より、ずっと高いビルが多いや」

日本から一歩も出たことが無かったので、香港という日本から近い東アジアの国でもいろんな違いがあることに驚きます。

香港の最初のホテルに着いて、もうひとつ驚いたのがフロントで働いている日本人女性がいたことでした。まだ若くておそらく20代前半だと思われます。海外で働く日本人を見たのは、その時がはじめてでした。

ボクは日本の中に居ても、世渡りが下手で生きていくのに苦労していたのに、外国で働いているなんて凄いなと思いました。

どんな経緯で香港のホテルのフロントで働くことになったんだろう?と興味がありましたが、内気で人見知りなボクはその人の個人的なことを聞くことが出来なかったのでした。

 

shinonomerider

YouTubeでモトブログをやっています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。初心者ライダーです。バイク・キャンプ・Mac・読書・投資が趣味です。どうぞよろしくお願いします。 「人間の一生は誠にわずかの事なり。 好いた事をして暮らすべきなり。 夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。」山本常朝著『葉隠』より

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Contact Us